0x90

一回休み

2018年注目の技術など

2018年の予言です。ちなみに去年は3DプリンタとVRと高位合成が流行る!と思いました。ハズしてますね…w

流行りそうなトピック

量子コンピュータ

特に何か技術革新があったというわけではなさそうなんだけれど、去年末くらいから話を聞くようになりました。流行るかどうかはともかくとして、ある程度は知っておこうと思っています。ゲート式ですが図書館でこれを借りて年末に流し読みしてみました。いやそういえば授業で有名な某F先生の講義受けてたんだよなあ、、聞き流していたけど。

FPGA関係

いや、、今年も言ってますが…。RISC-Vとの絡みで話題になりそうな気がします。Qに「RISC-VのCPUを作ってみた」みたいな記事が出るんじゃないでしょうか(すでにありそう)

IoT関連

スマートスピーカーが年末に結構流行ったのは予想外でした。去年の1月くらいにecho dot買ってプログラムもやってみましたが、パターンマッチ的なプログラムしかできないで落胆した思い出があります。ここが改良されれば飛躍的に面白くなると思います。

Rust

modern C++をいじると行き着く先はRustなので、Rustの勝利は約束されているようなものなのだと思います!…というのはまあ半分冗談として、まともな言語としてのRustの重要性はどんどん高まっていくでしょう。

型システム

Rustとの関連で。golangが流行れば流行るほど注目され、、、てほしいですね。

流行りそうではあるが…?

Webassembly界隈

こちらも着実に発展は遂げていくと思います。ただ、結局llvmなどのエコシステムの改良にとどまるのではないかという気がします。

フロント技術

流石にそろそろ揺り戻しが来そうな…という気がします。UXが本当にヒドいページが多すぎます。よいとされるページでも低速回線ではちゃんと動かないなど。

DL関連

ぼくは完全に門外漢ですが…。特に身の回りのことでは着実に発展して、いろいろ便利になっていくとは思うのですが、去年後半くらいから不思議なユースケースが増えているように感じます。これもそのうち記事にしたいですが。

最後に

今年の言語はKotlinにします。久々にJVMに戻ろう。